自分の身体の仕組みを、自分で触って学ぶ。

自分の身体の仕組みは、自分で触って学ぶのが

一番わかりやすいです。

参考書・模型・アプリなど、人体の解剖生理を学ぶために、

たくさんのツールがある時代になりました。

3D画像になっているアプリもたくさんあります。

ですが、人間の体の仕組みが理解できるか、といえば、

そうではありません。

アプリや模型は教材にしか過ぎません。

 

自分や他人の身体を、皮膚の上から触るだけでも

十分仕組みはわかります。

服は薄着がいいのですが、無理にとは言いません。

触られるのが嫌なら自分で触ってみましょう。

固く触れるのは骨です。

筋肉は力を入れると形が変わります。

骨格のイラストを見ながら、

実際に自分の骨格を確かめると、面白いです。

 

自分が思っている身体は、実際に触って確かめて、

動かしてみると、全然違います。

思っているより外側にある・内側にある・

細長い…などなど。

動く方向も違います。

前に動くと思っていたら、下に下がっている・

まっすぐ上に行くのではなく、

ほかの場所が一緒に伸びて上に行くなど。

 

アレクサンダー・テクニークでは解剖学や

運動生理学を学ぶのではなく、

知識として自分の身体の仕組みを学ぶのです。

身体の仕組みを学べば、

無理に動かすこと・力んで動かすことが少なくなります。

細かい部位の名前は覚えなくてもいいですし、

臓器の機能は一般的な理解で十分です。

詳しい人体の仕組みは、

学者さんが研究すれば良いことですから、

無理に理解する必要はありません。

全てわかることなど、絶対にありえないことですから。

自分の身体の仕組みを学んで、びっくりして、

面白くなって、

トレーニングを楽しむことができます。

peacefuly.

無料アプリや動画を見て自分と比べると、

面白いです。