日常生活の動きの中のアレクサンダー・テクニーク。

アレクサンダー・テクニークのトレーニングは、
大阪・岡山に通わないといけないので、
定期的に受けられません。
その代わり2〜3日間連続で出席して、
集中してトレーニングを受けます。
理想は週1回通えればいいのですが・・・
だから自分なりに工夫が必要です。
せっかく集中して受けたトレーニングを、
端から忘れるのではもったいない。
いつか言われた
「トレーニングクラスに来る前でも、
いつも身体をメンテナンスすること。
トレーニングクラスに来たら、
すぐ背骨の上に頭が休める身体を
作っておくこと」
を常に頭に置いておかなければなりません。
私は特別なことはしていません。
ただ日常生活の中で「思う」という
道具を使うだけです。

・掃除・片付け・受けた仕事など、
次々にやることを考えるのではなく、
「今は〜をしている」と未来にいきがちな
自分を今にとどめること。
・手で作業するとき
(洗い物をする・物を書くなど)、
自分には足があると思う。
・買い物・散歩など、歩いているときに、
上下の動き(プライマリムーブメント)が
起こると思う。
・歩いているときに、足裏が地面についている・
足首がある・上に膝・その上に股関節…と
身体の作りを思う。
・肩は横に広がり、背骨の上に頭が休んでいると思う。
・座っているとき・歩いているときに
背骨が1つずつ積み上がって、
カーブがついていると思う。
・1日1回セミスパインで休む。

などなど、些細なことですが。

もちろんやらない日がありますが。
少しさぼった時、トレーニングに参加すると、
身体が動かないのは自分が一番わかります。
思いつめないように、日々の生活の中に
アレクサンダー・テクニークを取り入れて、
充実したトレーニングにすることを
考えています。

peacefuly.

近所のwaterfall。(ウソです。用水路です)