義足をつける乙武洋匡さんー着脱できる身体のパーツ。

special thanks ちゃんみおさん

お買い物ならここ!藤巻百貨店のお中元


絶対に笑ってはいけないトレジャーハンターで、スターウォーズの仮装(?)をして笑わせてくれた乙武洋匡さん。ご自身も楽しそうでした。 乙武洋匡さん、落合陽一さんのプロジェクトでロボット義足を開発しています。

【落合陽一×乙武洋匡】身体をアップデートせよ

 乙武さんにとって、「元々足がなく、歩いていた経験もないため、義足は回復ではなく『新たな獲得』」。 義足はもともとあった足を失った代わりに装着するもの、と考えていましたが、先天的にない場合「立つ・歩く」は新しく獲得する動きなんですね。 もともと足があったのなら、「立つ・歩く」感覚は覚えていますし、感覚として残っている気がします。

義足はソケットという部分に、足の断端を入れて装着します。身体の感覚は「義足と自分の足は別」と感じるのでしょうか。それとも義足を装着したら、「自分の身体じゃないけど、着脱できる身体の一部」と感じるのでしょうか。

乙武洋匡さんは、義足をつけた感覚をメディアで発言していくでしょうし、落合陽一さんは「着脱できる身体の一部」としての義足を公開していくでしょう。乙武洋匡さんの身体がアップデートされていくのを見ることで、自分の手足の動きや感覚を改めて考えるきっかけになりました。 peacefully.

View this post on Instagram

乙武洋匡(Hirotada Ototake)さん(@ototake_official)がシェアした投稿

           旅行の予約なら 楽天トラベル