日本の悪習―忙しそうに動く・力を入れてケアする

                                special thanks chanmioさん            
                        お買い物ならここ!藤巻百貨店のお中元

 もっとおっとり・ゆったり働いてもいいのではないでしょうか。

 私事ですが、昔から「態度がデカい」「えらそう」と言われてきました。
 ひどい時には「働いていない」とも言われてきました。
 理由は「動いてない」「おろおろ・うろうろしてない」です。
 結果や成果が出なくても、いそいそ・うろうろ動いていれば、「働いている」と周りは評価するようです。

 周りの評価を気にして忙しそうに動いていると、働いた気分にだけなれます。実際仕事の成果はどうでしょうか。
 本来しなければならない仕事の内容は、頭の中にはありません。身体は動いていても、やるべきことは疎かになっています。

だから仕事の見落としてしまうのです。

足は地面についていると思い、余分な力みに気づけば、冷静に物事を進めることができます。

身体に余分な力みがあると、視野や考え方が狭くなる気がします。

「仕事ができる人」が冷静で落ち着いているのは、上半身特に頭ばかり意識が向いていないからだと私は思います。

peacefully.

お茶を飲む時間も必要ですよね。

営業系の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)
   【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル